top of page
検索
  • soushoup

材料費の高騰が続いています・・

こんにちは。最近の情勢についてみなさんもお気づきでしょうが様々なものの値上がりが始まり我々建築業界でも驚くほど値上がりしています。


コロナウイルスの影響で木材の供給が止まり一時は材料不足で仕入れに苦労していましたが、徐々に供給が始まり金額は高騰したままでしたが何とか工事ができる状態にはなっていました。しかし今度はロシアの件で非常に大変になってきています。


直近の木材輸入量では海外からの輸入量は増えてその中でもロシアからの輸入も増えてきていました。しかし今回の制裁や輸出入禁止でロシアからの供給は止まってしまうでしょう。


そうなるともともと仕入れていた金額よりは高くなってしまい工事費へとつながってきますが、代替する木材の利用により供給量さえ安定すれば高騰は抑えられます。


日本は森林国なのになぜ国内の材料を使わずに輸入するようになったのでしょうか?


それは海外の材木の方が安価で大量に生産できるからです。高度経済成長期から大量生産大量消費が当たり前でより安く大量にというふうに仕入れていたので、海外からの輸入が多くなっていましたがその反面国内の林業は確実に衰退していきました。(林業の話はまた別の機会に記事にしたいと思います。)

その結果は林業の他にも優秀な技術を持った職人さんの人材不足や後継者不足になり辞めてしまう人も増えています。


今回の危機をきっかけに考え直すことはたくさんあると思うので、よりいいものを創りお客様に満足していただけるようにしていきたいと思います。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近の状況

こんにちは。世間ではコロナウィルスに慣れてしまい、まん延防止措置も起こらなくなりましたね。正直テレビで報道されている人数には疑問しかないですが、まだまだ報道が真実だと疑わない人はいます。数字を出されるとそれが本当のように思えますが、しっかりと自分で考え矛盾がないか疑う必要があります。 また、ウクライナとロシアの戦争でもなぜこういう悲惨な現実が起こってしまったのか過去の歴史から現在までどんなことがあ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page